食事セラピー日記

ダイエット、美容、健康のために、食事からアプローチ。

その時を見逃さないで! 一番痩せる、タイミング。

f:id:food333therapy:20201118223353j:plain

 

こんにちは!

 

 

今週頑張ったのに

なんか痩せなかったな〜おかしいな。

 

と、感じることありませんか?

 

 

 

実は女性は、

痩せにくい時期が存在するので

その心当たりは、正解なのです。

 

 

痩せる時期、痩せるのが難しい時期を

頭の片隅に入れて、

体重の変動に一喜一憂しないように

していきたいですね。

また、今こそ!と、

ダイエットに力を入れるべき

タイミングもはかれるようになるので

苦しまずに、効率的に、減量💕

できるようになってきますよ^_^

 

 

鍵を握っているのは、

女性ホルモン。

 

女性の身体はとても神秘的で

月の満ち欠け、

海の満ち潮引き潮のように

たえず、美しいゆらぎの

中にいます。

 

宇宙の深く煌びやかなエネルギーを

受けとって

生きているんだなと、感じられますね。

 

 

オーケストラの繊細な音色から

心臓に響く壮大な物語のように、

女性の身体の中で

エストロゲンプロゲステロン

上手く調律をとっていますよ。

 

 

 

このエストロゲンプロゲステロン

特に注目したいのが、

プロゲステロンの波です。

 

プロゲステロンは、

排卵後から分泌量が増え

妊娠を継続させる働きがあります。

赤ちゃんとお母さんにとって

とても大事なホルモンですね。

 

 

 

ですが、ダイエットの視点で見ると

プロゲステロンが多い時期は、

実は痩せにくいのです。☝️

 

🔸食欲が亢進する

🔸体に水分を溜め込む

🔸脂肪を蓄えようとする

🔸いらいらしやすい

🔸大腸の蠕動運動が低下して

 便秘になりやすい

 

という作用を、引き起こします。

 

 

排卵後の女性は、ある意味

たまごを宿した状態、

出会いがあれば

赤ちゃんを授かる可能性が高いのです。

 

となれば、生理がきて

妊娠が成立しなかったと決定するまでの間は、

身体はしっかりと赤ちゃんを守り

育てるために準備をします(^^)

 

 

お腹の中に赤ちゃんがいると想定して、

子を守るために

ホルモンは働きますから、

 

普段以上に身を守るために

周囲に神経質になりますね。

いらいらの原因でもあります。

気持ちも不安定になりやすです。

 

 

栄養を摂るために、食欲も増しますし

 

外からの衝撃を和らげるために

水分と脂肪を増やそうともします。

 

 

女性の身体に秘められた本能なのですね😊

 

 

こうやって見るだけでも、

やはり

ダイエットする時期としては難しいことが

感じられます。

 

 

 

いつもと同じように過ごしていても

ダイエットの結果が出やすい、

するっと体重が減りやすいな〜✨

と、感じる時があれば

それは、

プロゲステロンの量が少ない時期

だったのですね。

 

 

 

😊見逃し注意!

痩せやすいのは、

生理が終わってから排卵まで。

 

 

😓成果が感じられにくいのは、

排卵後から生理前、生理中。

 

 

 

 

これを知っていれば

ちょっと増えちゃった、、

という時も

そういうことか!と

心にゆとりが持てそうです。

 

 

 

身体と上手にお付き合いして

大人で余裕ある

ダイエットを過ごしましょ^_^ ♪

 

 

 

 

 

 

 

それでは、またね。

 

 

 

保健師&食事セラピスト

團野有希

 

 

 

food333therapy.hatenablog.com

 

 

food333therapy.hatenablog.com